1分でわかるセブ島の治安と防犯対策

セブは、首都であるマニラや、南部に位置するミンダナオ島の一部地域のような特に危険な地域と比較して、フィリピン全土の中では治安が安定しています。しかし、外国人が多く滞在する地域であるが故、外国人を狙った引ったくりやスリなどの軽犯罪の被害に会う可能性も少なくありません。飲食店で荷物を置いての場所取りをしたり、歩きながらスマートフォンを操作する、ヘッドフォンで音楽を聴きながら外を歩くなど、日本ではありふれた行動でも、海外では犯罪を誘発する行動に他なりません。 セブでの移動はタクシーが最も安全でおすすめです。セブのタクシー運賃は世界的にみても低価格であり、手軽に利用できます。人の多い場所で現金や高価な所持品を不用意に見せないことも大切です。またショッピングモール内で知らないフィリピン人に声をかけられてもついて行ったりしてはいけません。外国人旅行客や留学生を狙った詐欺事件も発生しています。「ここは日本ではない」という自覚をしっかりと持ち、きっちり防犯対策をして、不要なトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

05-security

おすすめ

週間TOP5

まだデータがありません。